ぽちゃ女子・ちゅん(•ө•)の婚活ブログ

街コン・マッチングアプリを駆使して恋するオタク気味アラサーぽっちゃりおんなのブログ。

【近況①】水族館君(アプリ内でフェードアウト)

f:id:pochachun:20191128020306j:plain

 

訪問ありがとうございます♡

ぽっちゃりアラサーおんなのちゅん(•ө•)です。

 

今回は近況報告①です。
現在、多忙のため街コンや婚活パーティに行けておらず、
マッチングアプリ苦手芸人にもかかわらずまーたアプリを始めてしまいました。
(やっぱり気軽さで言ったらアプリの勝ちですね…)

 

始めて一か月経ってないですが、向いてないのですでに辞めたいです。
それではマッチングした2人について書きたいと思います。
今回は一人目「水族館君」編です。

 

水族館君とは

 

水族館君はあちらからいいねが届き、こちらが返す形でマッチング。

 

身長が低いためか、自分に自信がない・恋愛経験が少ないというコミュニティに入っていましたが、 お顔がかわいらしくて結構好きだったし、趣味も合いそうなので返しました。

 

マッチングしてみたはよいものの

 

マッチングしてやり取りしてみましたが、すぐに返信するのがだるくなりました。
まず、最初のメッセージがものすごいテンプレでした。
たぶんこれ最初の一通みんなに送ってんだろうなーっていう。

 

そして短文・聞かれたことに答えるが、答えるだけ型でした。
私の苦手とするタイプです。毎回こちらから話題を振る・話を膨らますのは大変なのです…

 

一番きつかったのは、「いいですねー」「僕なんか…」のコンボでした。
この羨み+卑下発言、たまにならいいんですがかなりの頻度でやられると こっちはどう返していいかわからないというか…


たぶん本人に悪気はないんですけどね。

 

それでも一週間くらいはやり取りしてみました。

 

返答に困るアピール

 

水族館君とは生き物が好きな話しかしていなかったのですが…

 

水族館君「最近水族館行きましたか?」

ちゅん「(某東京都内の水族館)によく行ってますね~」

 

水族館君「いいですね~。僕全然行けてなくて…」

水族館君「(某神奈川や千葉の水族館)に行きたいんです。」

 

ちゅん「(おや…?)なんかいいらしいですねそこ!」

水族館君「(某神奈川や千葉の水族館)はこんなところが楽しいみたいで…」

 

ちゅん「(おぅふ…)それは楽しそうですね」

水族館君「ロマンチックで…こんなイベントが今やってて…」

水族館君「一日中楽しめるみたいですよ!」

 

ちゅん「(…困った)」

 

たぶん、こちらが「行きたい!」っていうのを待っていたんだと思います。
しかし、初対面から水族館、しかも(某神奈川や千葉の水族館)は私の家から遠いうえに、
(某東京都内の水族館)に比べてよりカップル向けなので、正直きついなと思ってしまいました。

 

返答に困ったのとやり取りがだるくなっていたのとで、フェードアウトしてしまいました。

 

アピールじゃなくてただのメッセージ下手なタイプだったならごめん…

 

おわりに

 

水族館君とはたいした話をしないまま、一週間ほどでフェードアウトしてしまいました。
次回は現在やり取りをして会っている「激辛君」について書きます。