ぽちゃ女子・ちゅん(•ө•)の婚活ブログ

彼氏はできるけどなかなか結婚できてない・2年婚活してるぽっちゃりアラサー女の婚活体験記!

【激辛君とのその後】付き合ってから3か月②

f:id:pochachun:20191128020306j:plain


訪問ありがとうございます♡
ぽっちゃりアラサーおんなのちゅん(•ө•) です。


前回の続きです。
www.pochachun.com


イベントが持つ力

f:id:pochachun:20200219195513j:plain


私は激辛君に対し、「普段はまともだが、お酒を飲むと元カレのように腹の立つ発言が多くなる。この人の本性も元カレと同じ。あまり関わりたくない。」という思いを抱くようになっていました。


そこで、しばらく激辛君には連絡をしないようにしようだとか、しばらく会わないようにしようだとか、でも月末に二人での旅行を控えているので今関係を悪化させたらまずいかもとか、色々と考えていました。


そうこうしているうちに、節分、バレンタインとイベントがあり、私はイベントにあやかって激辛君を避けることはやめ、積極的に関わりに行くことにしました。


f:id:pochachun:20200219200115j:plain


・デパ地下的なところで買った恵方巻と、スーパーで仕入れてきた豆
(この日も会いたくなく仮病を使ったものの、仕事をしているうちにどうでもよくなり治ったことにして結局会った)


f:id:pochachun:20200219200922j:plain


・激辛君は甘いものをあまり食べず、焼酎が好きなのでプレミアム麦焼酎・百年の孤独の焼酎ボンボン
(一つもらいましたが、お酒が強すぎず、チョコとうまくマッチしていておいしかったです。私は白ワインが欲しくなりました。)
(写真を撮り忘れたので公式画像)


激辛君は、私が会いに行くと毎回嬉しそうな顔をしました。
これが何のイベントもない月だったら、私は彼に何も言わずに一方的に距離を置いてしまっていたかもしれません。



お互いに対しての不満に関する話

f:id:pochachun:20200219201651j:plain


そんなある日、お互いに対する不満を話す機会がありました。
特に二人で話そうと決めたわけではなかったのですが、なんとなくそういう話の流れになりました。


激辛君は、「私の作る料理が多く、はじめはおいしく食べられても、後半はつらくなっておいしくなくなってしまうから量を減らしてほしい」と言いました。


確かに自覚症状があるので、(普段から料理をまとめて作って保存する癖があることや、男の人はたくさん食べるので多めに作ろうという思いなどから)直すことにしました。


個人的には多く作りすぎても次の日食べればいいと思うタイプなのですが、激辛君はあまり次の日には持ち越さず、その日のうちに食べきってしまいたいタイプのようでした。


(賞味期限とかすごくこだわる)そのため、今まで私が作った料理を無理をして完食していたのでした。


私は、激辛君が普段はちゃんとしているのに酔うと腹が立つ発言ばかりしてきて嫌だということを話しました。


激辛君によると、もともと人をいじって笑いにしたい性格であるものの、しらふのときには難しく(嫌われるのではという思いがある)


どうやら私に対しても

「これっていじっていいのかな?不機嫌にならないかな?」といじりにくい空気を感じていたとのことで、


お酒を飲んでいる時なら許されるのでは?と、お酒の力に甘えて一気に普段言いたくても言えないことを言っていたそうです。


(たとえば、私が豚キムチにキムチを入れすぎてもはやキムチ炒めの豚添えになったことや、


激辛君の家で洗剤を見つけられず、間違えてよく見ずに手に取った漂白剤で洗濯をしてしまったことなど…


ちなみに洗濯は必要以上には真っ白にはならず、どうにかセーフでした)




これ、すごくくだらない私のやらかしなので、その時にネタにしてくれたら笑えるんですが,後から一気に言われるとなぜかすごいむかつくんです…


本人には酔っていても記憶があるらしく、完全に「酔ってるから仕方ない」を狙っていたとのことでした。


私は一緒にいるときに怒るとお風呂にお湯をためて2時間くらい引きこもったり、布団にもぐって一切話をしなくなったりするので、激辛君も私を怒らせているという自覚はあったとのことでした。


私はしらふの時からいじってくれて構わないと伝え、お酒を飲んだ時の性格が嫌で避けようとしていた、元カレと別れた理由も彼の発言によるものが大きく、激辛君に対しても同じような思いを抱いたということを伝えました。


激辛君はそれを聞き、「まさか私がそういう感じ方をしていたとは」と反省し、これから気を付けると言ってくれました。


「早く寝なさい」の真意も、私が毎回激辛君と一緒にお酒を飲むわけではないため、自分だけ酔っている姿を見られるのが嫌なことと、私が激辛君に付き合って本当は眠いのを我慢しているのではないかと思って気を遣っていたとのことでした。


(私はよく寝るタイプで、1日の大半を眠たがっているのでそう思ったのでしょう)

続きます


長くなってしまったので、あと一つに分けます。


www.pochachun.com



↓ブログランキング参加中♡
クリックしていただけると順位が上がるのでやる気が出ます♡
応援してくれる方はぜひ(> <)


にほんブログ村 恋愛ブログへ


↓このブログの読者になる?


 

いつも見てくれてありがとうございます♡
PVアクセスランキング にほんブログ村