ぽちゃ女子・ちゅん(•ө•)の婚活ブログ

彼氏はできるけどなかなか結婚できてない・2年婚活してるぽっちゃりアラサー女の婚活体験記!

激辛君とのギスギスした関係→絆が深まるまでの話②

f:id:pochachun:20200512222319j:plain


訪問ありがとうございます♡
ぽっちゃりアラサーおんなのちゅん(•ө•) です。


激辛君とのギスギス→話し合いの末仲直りして絆が深まった件についての続きです。


前回の話はこちら
www.pochachun.com


事前準備

f:id:pochachun:20200704200259j:plain


LINEの内容から、激辛君が私に対し「ちゅんは別れようとしているのではないか?」と思っていることを感じとったため、


家に荷物を取りに行く前に、いろいろと考えをまとめたものをデータにし、メールで送っていました。


(別れようとは思っていないこと、何に対して不満に思ったか、何に対して不安を感じているかなど)


時間のある時に読んでおいてと伝えた後、激辛君からは返信がなく、数日後に家に行きました。




沈黙と気まずい空気


激辛君の家に到着後、私は黙々と荷物をカバンに詰めていきました。


激辛君は弱弱しい感じで、時折ため息をつきつつ、静かにしていました。


気まずい空気の中荷物を詰めていたのですが、予想以上に荷物が多く、私が持ってきたカバンが全く閉まりませんでした。


(ど、どうしよう…)


しばらくして、激辛君が言いました。


激辛君「…別れる?」


話し合いの始まり

f:id:pochachun:20200704200540j:plain


ちゅん「激辛君が別れたいならそうしようか?」


激辛君「…1か月とか距離を置いた後に、付き合っていく自信がない。もう会わないなら、今ここで別れた方がいいと思って…」


ちゅん「別に、もう会わないわけじゃないよ、また来るよ。」


私は荷物をまとめるのをやめて、激辛君の隣に座りました。


ちゅん「今日、ほんとはおつまみ買ってきて一緒に飲んでから荷物まとめようかとも思ったんだけど、そういう空気でもないかなと思ってやめたんだ」


激辛君「そのほうがよかったよ…もうこれで終わりだと思って、怖くて怖くて…」


ちゅん「別れるつもりはないって送ってたのに。見た?」


激辛君「見たよ。でも嘘だと思ってた。俺、この光景昔見たことあるけど、もうそれからは完全に終わりだったもん…」


激辛君「ちゅんちゃんのカバン、ぱつんぱつんで全然閉まらないから…ちゅんちゃんもフリーズしちゃったし、どうするんだこれって見てたら、なんか緊張が解けたよ」




次回に続きます


私がやらかしで抜けていたために、この後仲直りに発展することになりました。


もしここで、私が完璧人間で段取りよく荷物をまとめて颯爽と帰っていたら、話し合いはできていなかったと、のちに激辛君は言っていました。


次回は具体的な話し合いについての話です。↓
www.pochachun.com



↓ブログランキング参加中♡
クリックしていただけると順位が上がるのでやる気が出ます♡
応援してくれる方はぜひ(> <)


にほんブログ村 恋愛ブログへ


↓このブログの読者になる?


 

いつも見てくれてありがとうございます♡
PVアクセスランキング にほんブログ村