ぽちゃ女子・ちゅん(•ө•)の婚活ブログ

ぽちゃカワを目指すアラサー女の婚活に関するいろいろ。

【東京夢企画】人の優しさを感じた街コン③【街コン君との出会い】

f:id:pochachun:20191128020306j:plain

 

訪問ありがとうございます♡

ぽっちゃりアラサーおんなのちゅん(•ө•)です。

 

前回の続きの記事です。

まだ見てない方はこちら↓

www.pochachun.com

 

司会者との謎のアイコンタクト

 

イベント終了後、私はいつもならすぐに帰るのですが、

その日はなんとなく彼と連絡先交換だけでもいいからして帰るべきなんではないか、という

迷いから、ほかの人たちと一緒にうだうだしていました。

 

エレベーターを待っているときに、司会者のお兄さんと目があいました。

ミスターの彼の後ろに司会者のお兄さんがおり、その後ろに私がいたのですが、

司会者のお兄さんが私を見て、彼を見て、また私を見ました。

 

言葉はなかったのですが、たぶん1分間くらい私と司会者のお兄さんが見つめあっていて、

さらになんか司会者のお兄さんが変な表情だったらしく、私の後ろにいた参加者の男性から、

「なんなんすかあんた達(笑)なんか目と目で会話しちゃってますけど(笑)」とつっこまれました。

(ちなみに司会者のお兄さんからは「君は何つう顔で僕を見てるの??」と言われました。

変な顔してたらしいです。)

 

司会者のお兄さんからはなんとなく、

(君たち途中経過で両想いだったのにどうしたん…?)

 

という思いを感じ取りました…

(ちなみに途中経過で両想いだったのは2組だけだったそうで、

私たちはその貴重な1組だったらしい)

 

帰り道で女性たちから応援される

f:id:pochachun:20191209235834j:plain

 

その後彼とはエレベーターで一緒になり、ほかの人たちもみんなで下に降りました。

降りてからも何となく私はうだうだしていて、相変わらずこのまま帰るべきか、

連絡先を交換したいと言うべきか、迷っていました。

 

すると、ある女性二人組から、「ちょっとちょっと!」と呼ばれ、

3人でのこそこそ話が始まりました。

なんと、その二人組のうち一人は、フリータイムでずっと彼としゃべっていた方でした。

 

二人組「ちょっとちょっと!!」

ちゅん「ど、どうしました…??」

 

二人組「なんでカップルなってないの!?」

ちゅん「彼が気になってたんですが、話せなくてどんな人かわからなかったからいっかなって…」

 

二人組「…あっちはあなたのこと書いてたと思うよっ!!」

ちゅん「!!??」

 

二人組「いいから2人で連絡先交換しなさい!!!!」

ちゅん「は、はいぃ…。」

 

会話を終えて彼のほうを振り返った時に、彼が駆け寄ってきてくれて、

「連絡先を交換しませんか?」と言ってくれました。

たぶん、彼は彼でほかの人から何か言われていたんだな、という感じがしました。

そうして私たちは無事連絡先を交換することができました。

 

実は二人とも同じ考えで白紙で出していた

f:id:pochachun:20191210000056j:plain

 

ちゅん「連絡先交換できてうれしいです。気になってたけど、話せなかったので…」

「僕もです。最後、実は白紙で出していて…」

ちゅん「私もです。書こうと思ったんですけど、話せなくてどんな人なのかわからなかったから…」

「同じです!でもこうやって連絡先交換できて、よかったです。」

 

まさかの、2人とも白紙で提出していました。

誰ともカップルにならないはずです。

しかもおそらく、こうして2人ともすぐに帰らず、迷いながらうだうだし、

周りの人たちから応援してもらえなければ、連絡先交換できずにお別れしていたと思うので…

 

ほんとに周りの方の優しさがありがたいなと思いました。

ちなみに彼は人気のため、ほかの女性からも連絡先を聞かれまくっていたので、油断はできません。

 

おわりに

 

彼とは今度ごはんにいって、2人だけでゆっくり話す予定です。

最近のトラウマから、ドタキャンされなきゃいいなーとちょっと不安です。

 

www.pochachun.com

 

でも信じたいと思います。まだ「また連絡するね!」とはなってないし…

 

帰って街コンで渡された占い結果の紙を改めて見たら、趣味がけっこうかぶっていたし、

仲良くなりたいなーと思ったと同時に、街コンで全然話せなかったことがもったいなかったなと感じました。

 

とにかく周りの皆さんのおかげで、いい結果になりました。

本当にありがたいです。